効果的な節税方法を知っていますか?

事業者ローンと印紙代という税金

「毎月のケーキの売り上げが悪くても、支払わなければならないものは減っていかないから、とっても大変だよ」と、ケーキ屋さんをやっている筆者の友達が言っていました。どうも、ケーキの売れ行きはいまいちなようです。この場合、支払わなければならないものというのは、事業者ローンのような、ローンなのでしょう。ローンの返済がかかっているとなれば、売り上げにこだわるのはもっともなのでしょうが、筆者にはお金がないと思われているのか、あまりケーキを買ってほしいと営業してきません。まだ店舗を持っていない頃から、ケーキを作ったのでいくらで売るよという話を聞かされてきたのですが、筆者はそのいくばくかのお金もあまり出せず、結局、誕生日のプレゼントとしてもらっていたりしたのです。
事業者ローンを借りるときには、税金もいっしょに支払うということをご存知でしたか?借入金額によって支払う額もちがうのですが、印紙代として、200円〜2000円くらい支払う必要があるのです。お金を融資してもらうのに、なぜか税金がかかるのですね。これは返済しなければいけないお金なのに、一時的にお金が大量にもらえるということで、税金がかかるということなのでしょうか?貸付の金利もいろいろとあって、大変高いのがふつうですから、とても余裕などないのに、税金まで払えというわけです。しかし、そのようなお金の問題はさておき、友達にはケーキ屋さんをがんばってやっていってほしいと思っています。

注目度がUPしているハナシ。便利なここをチェックしてください

Copyright (C)2017効果的な節税方法を知っていますか?.All rights reserved.